引っ越しを決めたのに伴い、エアコンを処分

引っ越しを決めたのに伴い、エアコンを処分する事に決めました。
一般的な賃貸物件ですと、エアコンの設備が付いています。
今住んでいるところは、昔の寮だったため、エアコンが欲しければ自分で用意しないといけませんでした。寮なんかじゃなく、賃貸にしとけばよかったと、今頃後悔しています。自分は昨年、単身赴任の転居をしました。単身の引越しは会社員生活の中で初めてのことでした。会社の規則で複数社から見積もりを作ってもらい一番安価な業者を選択するのですが、赤帽を選ぶことになりました。
最初は不安があったものの、手際のよい引越し作業だったので、次回の引越しでも赤帽に依頼したいと思いました。
引っ越しのための準備作業は、とても煩わしいものです。片付けは急ぐ必要はありませんが、準備は引っ越しの当日までに終わらせる必要があります。ものぐさな自分は、いつ準備を始めようかと考えてはみるものの、結局ギリギリになって慌ただしく準備をする傾向にあります。
引っ越しそのものについては新しい気持ちにもなれて好きなほうなのですが、たとえば国民健康保険等の住所変更などで、わざわざ市役所まで行っていろんな決まった手続きをしなくてはいけないところが、面倒だし時間もかかるなあと感じてしまいます。
こういう引っ越しに伴う手続きのあれこれも、インターネットから簡単に自宅で済ますことができるようになれば手間的にも時間的にも良いのになあと思っています。
引っ越しを控えて必要な物と不要な物の選択をしていくと、意図していなくても、どんどん粗大ゴミが増えてきます。
たくさん出てしまう引っ越し時の粗大ゴミ、これらは通常はゴミ収集日に持って行ってもらうことはできず、自治体に処分方法を聞いて決まり通りに処分しましょう。粗大ごみを「そのうち捨てよう」と溜めておくと邪魔だし、一気に運ぶのは大変ですから、計画を立てて捨てていくようにします。電話回線の移動手続きも、引っ越しの時には考えなければなりません。
現在の生活では、固定電話を使わない家庭も多いと思いますが、やはり電話回線を使い続けたいとすれば、転居後の回線利用を確保するための意外と時間がかかるやりとりが生じます。
取りかかりが遅くなり、契約が引っ越しに間に合わなければ、固定電話もファックスも使えない生活になりますので引っ越しの多い時季には先手を打って手を打つに越したことはありません。やっと、マイホームの購入をすることにになりました。
でも、その契約のため印鑑証明書を用意しておく必要がある、ということはその時に初めて教わりました。
親が私の代理で印鑑登録を申請してくれてはいたものの、違う市から転入することになる今回の場合は、転入先の公共機関(市役所や出張所など)において新しく印鑑登録の手続きが必要になります。
契約直前になっていきなり登録に行く事になったのでかなり慌てふためいたものでした。先日、土日を使って引っ越しました。
引っ越しを終えた日に部屋の電気をつけて明るくなったとき「これからここで生活するんだ」と嬉しくなりました。
そんなこともあって、その日の夕食は特別なごちそうとしてピザとお寿司を宅配で、大好きなワインも買ってきて引っ越しのお祝いをしました。新しい生活にわくわくしています。
移転の相場は、だいたい決定しています。A社並びにB社において1.5倍もの差というような事は存在しません。
勿論、同様なサービス内容という事を前置きにしています。
最終的に相場より安価だったりするのは、その日のトラックや作業員が暇であったりするケースです。
引越しをするとなると大変なのが掃除です。
家具を運び出してから、もちろん、綺麗にそうじをしますが、その前から、少しずつでも整理しておくのが後々楽をすることが出来ます。
ポイントは荷造りより先に、掃除からスタートすることだと思います。すると、最後の仕上げにさっと軽く掃除するだけできれいになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です