単身赴任の引っ越しを行った際に、業者さんへ慣

単身赴任の引っ越しを行った際に、業者さんへ慣例として渡すことの多いと聞いた心付けをどのくらいの額にするのが妥当なのか家内と少し、相談しました。その際の引っ越しは、引っ越しといっても作業に携わったスタッフは2人だけでしたし、トータルでも1時間ちょっとの作業でしたので、結果的には2人にお茶をふるまったくらいで心付けは渡すことはありませんでした。引っ越しは家財道具の整理の機会でもあるわけで、不要品はどこの世帯からも出ます。処分をどうするか考えなくてはなりません。
こんな時に朗報があります。
引っ越し業者が行っている、不要品引き取りサービスです。
大型家具など、業者の中には粗大ゴミとして有料で処分するものを独自のリサイクルルートに乗せるため無料回収を行うところもあるので必ず調べてみましょう。
今から数年前に、自宅を新築して引っ越ししたときに、自分のデスクトップパソコンを壊さず運ぶことに全力を尽くしました。
引っ越しの時は、娘は3歳、息子が1歳だったのですが、画像データが全てパソコンのドライブ内にあったため、衝撃でデータが壊れてしまわないようたくさんのクッション材を使って梱包しました。
パソコンが入っていることを知らせておいたためか、業者さんの扱いもとても丁寧で、傷もつかず、データも全て無事でした。就職して、通勤に便利なところで初めて一人で生活することになりました。
この時、新しい部屋に持っていく荷物がほとんどなくて、普通の宅配便(クロネコでした)を使って引っ越しを済ませることにしたのです。
荷物なんて、ダンボールほんの数個で、プロの引っ越し業者に頼むよりずっとずっと安かったです。ある種の生活必需品、たとえば布団とかは住むところで買えばいいと考えていました。だからこうした方法での引っ越しも、可能だったのでしょう。
収拾がつかないくらい、ものをたくさん持っている生活を送っているとすれば、引っ越しの最大の障壁はものを整理して荷造りすることに尽きます。
量の多さが途方もなく、当日までに荷造りが終わらないかもしれないと思うと引っ越しするのが嫌になってしまうかもしれませんが、これもチャンスだと思いきって断捨離に徹すればその後の生活が変わっていくでしょう。どのような場合でも引っ越しの際にはダンボールを使うわけで、名前入りのダンボールを業者が無料提供することもありますが、業者によっては、お金を取るところもあります。
ダンボールが足りなければ、スーパーなどでダンボールは無料で分けてくれるものです。
サイズが整わないのは仕方ありません。
荷物が入ったダンボールを縦横に積み重ねるので、同一サイズでない場合、よく考えて崩れないよう積んでいってください。家移りするということは、これまでの生活の後始末や、新しい生活への対応としてどうしてもお金がかかるものです。引っ越し作業を業者に依頼するとしても節約に努めたいものです。少しでも安くできるかどうか、料金システムを調べてみませんか。
どこの業者でも、割引は普通引っ越しが少ないとされる時期に引っ越しすることで閑散期料金になるシステムが大半なので、その時期の引っ越しができるように、スケジュール調整をしていくと良いですね。
ご存じだと思いますが、引っ越しの際には自家所有の車も住所変更届が必要になりますが、そこでナンバープレートも変わるのかどうかちょっと気がかりな問題です。
引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、転入先を管轄する陸運局の問題です。
引っ越す前も後も、同じ陸運局の管轄であれば同じナンバープレートを使えますが、陸運局の管轄地域が異なる場合、変更は強制的に行われます。
アパートなどの借りていた部屋から引っ越す時には、クリアしなければならない、退去時の立会いという、お部屋チェックが待っています。
部屋を管理する立場の人が部屋に入り、最後の時点の、室内点検があります。これを終わらせたら、ようやく退去になります。全てに当てはまるわけではありませんが、公共料金の精算は全て済ませておくのが常識ですし、スペアを含めて鍵は全部返却することになっています。
返却漏れのないようにしましょう。
この町の会社に勤めはじめた10年前に、今のアパートへの引っ越しをしました。引っ越してきたときは、3年くらいで実家の近くに転職したかったので今の住まいへ住所を変更することはしませんでした。
そんな中でも、仕事は予想していたよりも楽しく、町も気に入って辞められる区切りがつかず、結婚して今後もこの町にいる可能性も出てきたし、地方税はこちらの方が安いことにも気づき、これからでもいい、住民票を移そうかと考えているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です